SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

がんを治す情報、ガンが治った情報

がんを治すにはまず最新情報を集めること!
末期がんでもあきらめない、余命宣告にもまだまだ新治療法、
手術不能でも新薬、新手術法が開発されている!!
手術が不要な乳がん治療法とは

乳がん患者の20人に1人が乳房切除の手術をせずに がんを克服できるようになる見込みがついた。

乳がん治療のために乳房摘出手術を受ける前に遺伝子検査を実施することで、 手術をしなくとも抗がん剤治療だけで治癒が見込める乳がんを見極めることが可能になったのだ。

乳がん手術の必要か不要かを判断できる遺伝子は、 国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の研究チームが発見した。

手術が不要な乳がん患者の特徴は、乳がんのがん細胞組織の表面にたんぱく質の1種である「HER-2たんぱく質」が多く、ホルモン療法が効かないこと。そして、「HSD17B4」という遺伝子の働きが抑えられていることだ。この特徴のある乳がん患者は乳がん患者全体の10〜15%を占めており、その中の3分の1が乳房の切除手術が不要で治療可能と見込まれている。

つまり、日本で乳がんと診断される約9万人のうち、5千人前後は手術を回避したままに、治療治癒が可能となるのだ。

乳がんは今や治せるがんの代表となったが、治療の際の乳房切除手術は体力的なダメージだけでなく精神的なダメージも大きいことが問題だった。手術が不要と断定できるマーカーを特定した治療法は大きな朗報と言えるだろう。

今後は、全国でステージ1〜3の乳がん患者200人を対象として、約30箇所の病院で2年を掛けて臨床試験を継続する。そして、2021年の実用化を目指している。さらには、他のタイプの乳がんや卵巣がんへの応用も期待されている。

| - | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
免疫細胞を強化増殖培養する新がん治療法

がん患者本人の免疫細胞を増強して治療する新しいがん治療技術が開発された。

がん患者の免疫細胞を採取して、体外で増殖させた後にがん患者の体内へ戻すがん治療法は既に開発済で、一部の高額医療機関で200〜300万円で実施が可能だ。

しかし、疲弊した免疫細胞では十分な治療効果は得られないとされたため、免疫細胞を若返らせることで、治療効果を高めることを目指した新しい研究が開始されたのだ。

新しいがん治療法を開発したのは、慶応大学の微生物・免疫学研究グループ。

若返らせた免疫細胞(キラーT細胞)を、がん細胞(リンパ腫)が移植されたマウスに注入する実験では、がん細胞の増殖が抑えられ、生存期間が延びた。

以前の免疫細胞療法では、がん細胞との戦いが長く続くと、キラーT細胞が疲弊して攻撃力や増殖力が弱まるために、培養しても虚弱な細胞しか数が増やせなかったという。

そこで新治療法では、疲弊した免疫細胞(キラーT細胞)を、免疫細胞の発生を助ける作用のある細胞と一緒に培養した。すると、疲弊した免疫細胞(キラーT細胞)は、敵の情報を記憶したばかりの増殖前の状態に戻った。そして、免疫細胞(キラーT細胞)の寿命は延びて、さらに外敵が現れた際の増殖能力も高くなったのだ。

今後の課題としては、がんを認識したキラーT細胞を確実に採取する技術を確立することが重要となっている。

| - | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
小児がんに有望な抗がん剤新薬

小児がんの治療に有効な抗がん剤新薬が開発される見込みだ。

小児がんの一種である神経芽腫は、10万人中2.5〜5人に発症するがん。 発症する患者の 90%が10歳未満で、発症年齢が高いほど予後が悪いという困った特徴があるのだ。 高リスク神経芽腫の場合の5年生存率は、 化学療法や免疫療法などの治療を施しても、50%程度とされている。

この小児がん(神経芽腫)に対して、名古屋大学の研究グループが画期的な新薬開発へ繋がる大発見をしたのだ。

研究グループはまず、新しいがん細胞培養法を確立した。これによって、がん化した神経芽腫モデルのTH-MYCNマウスの中から、 がん化初期の細胞を選択的に捉えて培養できるようになった。

発見はこの新しい培養法で得られた「がん化初期の細胞」を詳細に遺伝子発現解析・エピゲノム解析することで得られた。 この「がん化初期の細胞」の中のエピゲノム制御分子の一つであるポリコーム抑制複合体2(PRC2)が発がんと強い関連性があることが解ったのだ。

そこで、約500例の神経芽腫患者から集めた遺伝子も併せて解析したところ、 PRC2によって制御されるターゲット遺伝子の発現が、神経芽腫の悪性度と強い関連性を持っていることが解明されたのだった。

つまり、このポリコーム抑制複合体2(PRC2)を叩けば、 神経芽腫を効果的に治療できる可能性が高いのだ。この新薬の開発は、ターゲットの遺伝子さえ判明すれば、 分子標的薬を開発することは比較的に容易だからだ。

2014年の日本には20歳未満の神経芽腫患者が、162名も登録されていたが、 近い将来に小児がんの神経芽腫治療用の特効薬が開発される日は近いだろう。

| - | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) |